金融機関の20%が仮想通貨市場への参入を検討

大手情報企業のThomson Reuters(トムソン・ロイター)は、金融機関の約20%が今後1年以内に仮想通貨の取引を行うことを検討しているとの調査結果を明らかにしました。

仮想通貨、2018年にさらなる躍進か

トムソン・ロイターは、大手銀行や大手資産運用会社、ヘッジファンド、トレーディングデスクなど400社以上の顧客に対して匿名で調査を行いました。回答した企業の具体名については触れていませんが、5社のうち1社は1年以内に仮想通貨を直接取り扱うことを計画しているそうです。
また、2018年に仮想通貨へ進出すると回答した企業のうち、70%が今後3~6ヶ月以内に開始する予定とのこと。今年10月までに少なくとも56社が新たに仮想通貨市場に参入することになると言えます。

4月の仮想通貨市場は盛り上がりを見せており、ビットコインをはじめとする仮想通貨の価格は上がり続けています。専門家は来年までに市場がより成長すると予測。今回の前向きな見通しは、この状況を反映していると思われます。

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYSは『お金に、もっとワクワクしよう』をコンセプトに新しいお金のあり方を提案するメディアです。 フィンテックを中心にキャッシュレス、ブロックチェーン、スマホ決済、ロボアド、AI投資、信用スコア、シェアリングエコノミー、仮想通貨など国内外で話題の新時代の金融経済トピックやニュースを発信しています。