ナスダックCEO、仮想通貨取引所への参入を検討

アメリカNASDAQ(ナスダック)のCEOであるAdena Friedman(アデナ・フリードマン)氏は、仮想通貨市場の規制が整えば、株式市場が将来的に仮想通貨取引のプラットフォームになりえると発言しました。

ナスダックは大手取引所ジェミニと提携も

アデナ・フリードマン氏は、仮想通貨が今後も存続していくと信じており、「確かに将来的にはナスダックは仮想通貨取引所になることを検討するだろう」と述べています。フリードマン氏の唯一の懸念は、仮想通貨の世界が成熟するまでに要する時間とのこと。当局による規制が整備されれば、「人々はより規制されたマーケットに参加することができる。投資家にとって公平な取引を提供するものになるだろう」と語りました。

ナスダックは25日(水)、Winklevoss(ウィンクルボス)兄弟が持つ仮想通貨取引所「Gemini(ジェミニ)」との提携を発表。ジェミニは、ナスダックのマーケット監視技術「SMART」を利用することになります。「SMART」は、市場操作のような疑わしい取引行動に対して警告を発するシステムです。

具体的な時期や事業の内容については明らかになっていませんが、ナスダックのような大きな市場で扱われることになれば、仮想通貨はまた大きく成長するのかもしれません。

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰