ニュースまとめ

インドの大手取引所Koinexがリップル(XRP)を基軸通貨として採用

インドの大手仮想通貨取引所Koinexが基軸通貨としてリップル(XRP)を採用しました。

リップル(XRP)が基軸通貨になるのは初!

これまでKoinexの基軸通貨はINR(インドルピー)、BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)の3つでしたが、ここへ新たにXRPが追加されました。
追加された8つのXRPペアは以下の通りです。

Aeternity(エターニティ/AE)
EOS(イオス/EOS)
Golem(ゴーレム/GNT)
Litecoin(ライトコイン/LTC)
OmiseGO(オミセゴー/OMG)
TRON(トロン/TRX)
・Request Network(リクエストネットワーク/REQ)
・Nucleus Vision(ニュークリアス ビジョン/NCASH)

公式サイトはコチラ

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!

- BITDAYS編集部 の最近の投稿