大手金融企業5社がリップル社のxViaを導入

アメリカのRipple(リップル)社は、アジア・ヨーロッパ圏の大手金融企業5社と提携し、xVia製品を導入することを発表しました。

公式リリースはコチラ

xViaの導入が増加

リップル社との提携を決定したのは、FairFX社(イギリス)、RationalFX社(イギリス)、Exchange4Free社(イギリス)、UniPAY社(ジョージア)、MoneyMatch社(マレーシア)の5社です。
「xVia」は、決済を行う者を「RippleNet(リップルネット)」に接続できるようにするAPIソリューションです。金融機関や企業は、xVia製品によってRippleNetの分散型グローバルペイメントネットワークを活用でき、新興市場との間で迅速かつ安価に送金できるようになります。

リップル社は、昨年から100社以上との提携を発表しており、今年に入ってからもリップル社に関するニュースは後を絶ちません。

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰