リップル社の決済システムCodius復活へ

アメリカのRipple(リップル)社が開発していたスマートコントラクトプラットフォーム「Codius」が復活する可能性が見えてきました。

決済システムCodiusの復活に期待がかかる

リップル社のスマートコントラクト決済システム「Codius」は、2015年に開発中止となっていました。原因は、当時は仮想通貨市場がまだ初期段階であったことと、スマートコントラクトを使用した決済に対する基準がなかったこととされています。

しかし、現在このウェブサイトは公開されており、ベータ段階になっているようです。このことから一部でCodius復活を喜ぶ声が上がっています。
リップル社は、このCodius以外にも「xCurrent」や「xRapid」、「xVia」など複数のサービスを展開しています。
どれも国際送金や決済の場面で利用できるサービスですが、基本的に法人向けであったため、個人向けのサービスであるCodiusの復活には期待がかかっているようです。

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰