仮想通貨でアニメ製作を支援!夏以降「オタクコイン」発行へ

アニメや漫画の関連商品のインターネット販売を手がけるTokyo Otaku Mode Inc.(トーキョー・オタク・モード)は9日(水)、アニメ・漫画・ゲームなど日本のポップカルチャーに特化した仮想通貨オタクコイン(OTC)の構想発表会を行いました。

オタクコインは今年の夏から秋以降に発行予定

オタクコイン(OTC)は、アニメや漫画の制作者とファンとをつなぐ仮想通貨です。トーキョー・オタク・モードのサイトなどで関連グッズの購入に利用できるほか、アニメやゲームの新作プロジェクトを支持するための投票機能もあります。
定期的に投票イベントを開催し、多くの支持を集めたプロジェクトに一定額のオタクコインを付与。制作会社はオタクコインを日本円などに換金してコンテンツを制作する仕組みを作ります。

トーキョー・オタク・モードは、今年の夏から秋以降にオタクコインを発行し、コインを保持するための専用アプリも配布するとしています。
オタクコインはイーサリアム(ETH)をベースにしており、1,000億枚を発行する予定です。そのうちの39%をオタクコイン財団が確保し、運営費として使用。56%はコンテンツ制作会社に提供するプロジェクトの制作費とし、残りの5%はアニメや漫画のファンに無償配布します。

また、オタクコインを獲得すれば好きな作品への投票に参加できることから、違法サイトへ流れてしまうことを防げると期待されています。

過去の関連記事

「オタクコイン準備委員会」のアドバイザーにOculus創業者と巨大アニメ紹介サイトCEOが就任

Tokyo Otaku Modeがアニメ業界に特化したオタクコインでICO検討、コンサルでAnyPayが参画

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰