ニュースまとめ

GMOコイン、「貸仮想通貨」サービスでアルトコインの取り扱い開始

大手仮想通貨取引所のGMOコインが、5月9日(水)より「貸仮想通貨」サービスでアルトコインの取り扱いを開始しました。

▼仮想通貨取引所GMOコインについて詳しくはこちら

ビットコイン以外でもレンディングが可能に

貸仮想通貨サービスは「レンディング」ともいい、ユーザー自身が保有している仮想通貨を取引所に預け、貸し出しを行うことを意味します。GMOコインに貸し出すことで、貸し出した仮想通貨の数量に応じた貸借料(利息)を受け取れるというサービスです。このサービスを利用している間は、預けている仮想通貨の売買を行うことはできません。

GMOコインは、今年の4月から国内の仮想通貨取引所では初となる貸仮想通貨サービスを開始。当初の対象通貨はビットコイン(BTC)のみでした。
今回4種類のアルトコインでもレンディングできるようになり、多くの注目が集まるのは間違いないでしょう。

2018年5月度 募集要項

・申込期間:2018年5月9日(水)〜2018年5月23日(水)
※募集上限以上の申し込みがあった場合は抽選となります。

・対象通貨:イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)、リップル(XRP)
・申込単位:100 ETH、50 BCH、300 LTC、100,000 XRP
・最小申込数量:100 ETH、50 BCH、300 LTC、100,000 XRP
・最大申込数量:1,000 ETH、500 BCH、3,000 LTC、1,000,000 XRP

公式サイトはコチラ

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!

- BITDAYS編集部 の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。