BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

GMOコイン、「貸仮想通貨」サービスでアルトコインの取り扱い開始

大手仮想通貨取引所のGMOコインが、5月9日(水)より「貸仮想通貨」サービスでアルトコインの取り扱いを開始しました。

▼仮想通貨取引所GMOコインについて詳しくはこちら

ビットコイン以外でもレンディングが可能に

貸仮想通貨サービスは「レンディング」ともいい、ユーザー自身が保有している仮想通貨を取引所に預け、貸し出しを行うことを意味します。GMOコインに貸し出すことで、貸し出した仮想通貨の数量に応じた貸借料(利息)を受け取れるというサービスです。このサービスを利用している間は、預けている仮想通貨の売買を行うことはできません。

GMOコインは、今年の4月から国内の仮想通貨取引所では初となる貸仮想通貨サービスを開始。当初の対象通貨はビットコイン(BTC)のみでした。
今回4種類のアルトコインでもレンディングできるようになり、多くの注目が集まるのは間違いないでしょう。

2018年5月度 募集要項

・申込期間:2018年5月9日(水)〜2018年5月23日(水)
※募集上限以上の申し込みがあった場合は抽選となります。

・対象通貨:イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)、リップル(XRP)
・申込単位:100 ETH、50 BCH、300 LTC、100,000 XRP
・最小申込数量:100 ETH、50 BCH、300 LTC、100,000 XRP
・最大申込数量:1,000 ETH、500 BCH、3,000 LTC、1,000,000 XRP

公式サイトはコチラ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial