炭火焼肉たむら、長崎店と福岡店でも仮想通貨決済を導入!

お笑い芸人のたむらけんじさんが経営する焼肉店「炭火焼肉たむら」の長崎店と福岡店でも3種類の仮想通貨決済を同時に導入することが発表されました。

5月14日(月)から対応

大阪の蒲生本店では、先月20日から仮想通貨NEM(ネム/XEM)による決済を追加したしたことで話題になっていましたが、他店舗でも仮想通貨決済を導入するようです。
たむらけんじさんが自身の仮想通貨用ツイッターアカウントで明かしました。
対応通貨はビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ネム(XEM)の3種類です。
また、今後各店舗で独自トークン「SYTG」によるポイント配分も予定しているとのこと。

たむらさんは以前、BITDAYSでのインタビューでも仮想通貨や経営について熱く語ってくださいましたが、その行動力には脱帽です。

独自トークン「SYTG」についての記事はコチラ

たむらけんじさんのインタビュー記事はコチラ

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYSは『お金に、もっとワクワクしよう』をコンセプトに新しいお金のあり方を提案するメディアです。 フィンテックを中心にキャッシュレス、ブロックチェーン、スマホ決済、ロボアド、AI投資、信用スコア、シェアリングエコノミー、仮想通貨など国内外で話題の新時代の金融経済トピックやニュースを発信しています。