リップル社がxRapidのパイロット結果を報告。時間とコストの大幅削減に成功

リップル社が実施した「xRapid」プラットフォームのパイロット事業に参加した金融機関は、取引コストが40〜70%削減できたことを報告しました。コスト削減に加え、取引スピードも向上し、従来の国際送金では約2〜3日かかったところをわずか2分に短縮できたようです。

公式リリースはコチラ

良好な結果の「xRapid」に期待がかかる

「xRapid」は、リップルのブロックチェーンによる即時決済システムにおいて流動性を高めるためのソリューションで、金融機関同士の法定通貨の国際送金を円滑にするために開発されました。

パイロットの結果、従来の国際決済方法では平均で2〜3日かかるところを約2分に短縮でき、事業に参加した金融機関は、外国為替プロバイダーを利用する必要がなくなったことや決済スピードが向上したことによって40〜70%のコスト削減に成功したといいます。

送金事業を行うViamericas(ヴィアメリカス社)のCEOであるPaul Dwyer(ポール・ドワイヤー)氏は、「銀行が従来の効率の悪い決済インフラにおける構造上の問題に安全に対処するうえで、デジタル資産が今後重要な役割を果たすことが今回のパイロット事業で示された」と述べ、このシステムによって厳格なコンプライアンス管理が容易になると強調しました。

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰