BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

中国が主要仮想通貨28種の独立した格付け分析を発表!

中国政府が、仮想通貨とブロックチェーンプロジェクトの『独立した格付け』を今後毎月発表していくことを、北京の会議で明らかにしました。

格付けの概要は?

格付け分析されるのは、ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、モネロ、ネオ、クアンタム、リップル、ジーキャッシュなどの主要仮想通貨28種。最初の格付け情報は近日中に発表される見通しです。

中華人民共和国工業情報化部、中国電子情報産業発展研究院(以下、CCID)の声明によると、格付けの目的は「プロジェクトの技術力、アプリケーションの有用性、革新性および発展レベルを評価し、ブロックチェーンテクノロジーイノベーションのトレンドを深く理解すること」にあるとのこと。

これまで完全に独立した格付け評価や分析が存在しなかったことが、今回の格付け創設のきっかけになったようで、仮想通貨取引に対して厳しい規制を敷く中国の取り組みは、仮想通貨市場全体から大きな注目を集めることになりそうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
結木千尋
ユウキチヒロ。フリーランスの文章書き。 2017年10月に仮想通貨と出会い、勉強を始める。関心は仮想通貨・ブロックチェーンに関連したサービスなど。投資はほとんどおこなわない。 これまでにBITDAYSを含め、複数の仮想通貨メディアに記事を寄稿。BITDAYSではインタビュー取材や、企画への出演といった経歴も持つ。
PAGE TOP