ニュースまとめ

富士通、サプライチェーン管理にIOTAの技術を活用

富士通はドイツの産業見本市「HANNOVER MESSE2018(ハノーバーメッセ2018)」にて、IoT向け仮想通貨技術「IOTA(アイオータ)」を活用したサプライチェーン管理のデモを披露し注目を集めています。

製造業でさまざまな応用が可能

富士通インダストリー4.0 コンピテンスセンター代表のアンドレアス・ローンフェルダー氏は、「ブロックチェーン技術は分散型台帳システムとして優れたシステムだが、データ転送に手数料が発生する他、スケーラビリティなどにも課題を抱える。IoTAはIoTデバイス向けの分散型台帳システムであるため、情報伝送コストが不要である他、スケーラビリティなどで利点を持つ。さらに軽量で安全なデータ伝送が可能であり、製造業でもさまざまな応用が可能だ」と述べており、今後の製造業でのIOTAの活用に期待されます。

IOTAの概要はこちら!

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!

- BITDAYS編集部 の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。