ニュースまとめ

台湾の銀行、ブロックチェーンを応用した決済で取引数が4倍に!

台湾の銀行大手台北富邦銀行の、ブロックチェーン技術を応用した決済サービスの利用者数が4月25日から開始2週間で4倍に増加しました。

アプリを利用し決済!

台北富邦銀行は、台湾の銀行として初めてのブロックチェーン決済の商業化が好調。決済サービスは国立政治大学の学生を対象に行っており、利用者はアプリ「Lucky Pay(ラッキーペイ)」をダウンロードし、提携店舗の二次元コードを読み取ることでスマートフォンでの決済が可能です。政治大学でのサービスでは、1秒以内の決済速度を実現しているそうです。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!