BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

三菱UFJ・三井住友・みずほのメガバンク3行、決済事業の大手メタップスと提携へ

三菱UFJ、三井住友、みずほのメガバンク3行は、オンライン決済事業を手がけるメタップスが提供するスマホ決済システムを活用することで合意。近日中に詳細を発表するそうです。

子会社のメタップスプラスはCardano(カルダノ/ADA)と提携

株式会社メタップスは、東京都港区三田に本社を構えるIT企業です。
先日、子会社のメタップスプラスCardano(カルダノ/ADA)と提携したことで話題になっていました。メタップスプラスのモバイル決済プラットフォームにおいてADAの取り扱いが始まるとされています。(過去記事はコチラ

今回のメガバンク3行については、以前からスマートフォンなどで手軽な支払いができる「QRコード決済」について規格を統一するとの報道が出ていました。
圧倒的な銀行口座数を抱えるメガバンクが共通のサービスインフラを使うことで、小売店やユーザーの利便性を向上。スマホ決済市場で大きなシェアを確保できることが予想されます。また、銀行にとっては新たなビジネスモデルの発見や構築につながると言えるでしょう。

スマホ決済については、東京五輪に向けてインバウンド需要の高まりが続いていることを背景に、携帯キャリアのNTTドコモをはじめ、楽天やLINEなどのインターネット事業者など、新規参入が近年相次いでいます。

2017年春には、みずほフィナンシャルグループとみずほ銀行、メタップス、ベンチャーキャピタルWiLの4社が新たな決済サービスの提供を目的に業務提携を結んでおり、同年秋からメタップスのグループ会社が提供する決済アプリ「pring(プリン)」の実証実験を行ってきたことも知られています。

この流れで決済サービスの市場は大きく変化していくのかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP