コインチェック、XMR・DASH・ZEC・REPの取り扱い終了を正式に発表

仮想通貨取引所Coincheck(コインチェック)は、モネロ(Monero/XMR)ダッシュ(DASH)ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)オーガー(Augar/REP)の4種の取り扱いを廃止すると発表しました。

6月18日(月)をもって取り扱い廃止

以前、コインチェックを買収するマネックスグループの松本大社長は、コインチェックが仮想通貨交換業として登録されるためには匿名通貨の継続は難しいとの判断から「基本は取り扱いをやめる方向になる」と述べていました。

仮想通貨の中でも、Monero(モネロ/XMR)、Dash(ダッシュ/DASH)、Zcash(ジーキャッシュ/ZEC)は、送金先を追跡できない匿名性の高い仮想通貨と言われています。金融庁は、匿名通貨はマネーロンダリング(資金洗浄)や税金逃れに利用されやすいと問題視してきました。それに加え、Augur(オーガー/REP)も取り扱いを廃止するようです。

コインチェックは、今回の対象通貨は2018年6月18日以降、適当と判断する時期および方法によって日本円に換金し、ユーザーの預かり口座にて管理していくとしています。

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰