コインチェック買収のマネックスがアメリカ進出に向けて動き出す!

金融持株会社マネックスグループの松本大社長は、アメリカで仮想通貨事業への参入を検討していると明らかにしました。

今後は海外事業の拡大を狙う

マネックスは、仮想通貨NEM(ネム/XEM)の流出があった取引所のCoincheck(コインチェック)を買収。現在はコインチェックの再建に向けて、セキュリティーの強化や法令順守体制の再構築を進めています。
松本社長は、「アメリカでの仮想通貨の法的枠組みは定まってなく、州ごとにルールも異なるため注意深く調査をしている」と述べ、仮想通貨進出に意欲を見せています。マネックスはアメリカでの仮想通貨事業への参入を機に、今後は主力の証券業務と合わせて海外事業の拡大を狙うとのことです。

新規口座開設と取引で最大20,000円キャッシュバックキャンペーン中!

関連記事

・「取引所コインチェック、マネックスグループの傘下に」はこちら
・「コインチェック、XMR・DASH・ZEC・REPの取り扱い終了を正式に発表」はこちら

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYSはフィンテックを中心にキャッシュレス、スマホ決済、ブロックチェーン、仮想通貨、ロボアドバイザー、信用スコア、サブスクリプション、フリーアドレス、シェアリングエコノミーなど新時代の金融経済や投資情報、モノに縛られない賢い暮らしを分かりやすく提案するデジタルメディアです。