先物上場か?CMEがイーサリアムのリアルタイムレートを算出開始

アメリカのシカゴ・マーカンタイル取引所(CMEグループ)は、イギリスの仮想通貨関連企業クリプト・ファシリティーズと提携し、Ethereum(イーサリアム/ETH)の参考基準価格の算出を開始しました。

ビットコインに続き、イーサリアムも先物上場か?

Ethereum(イーサリアム/ETH)の参考基準価格は、一日一回更新する「参考基準レート」と、リアルタイムで更新する「スポット価格指数」の2種類が用意され、いずれもドル建てとのこと。

昨年12月に、CMEはBitcoin(ビットコイン/BTC)の先物取引を開始しています。CMEは今回、イーサリアムの参考基準価格の算出を開始したことで、イーサリアムも先物上場を検討しているのではと考えられます。

関連記事

・「CMEでビットコインの先物取引開始。価格は下落傾向」はこちら

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰