スマートグラスで仮想通貨取引へ!LCDトークンが取引所Nebulaに上場

シンガポールでAR(Augmented Reality/拡張現実)スマートグラスの開発、ARアプリケーションの開発を行うブロックチェーンプロジェクトのLucyd(ルシード)。同社が開発するLCD(Liquid Crystal Display/液晶ディスプレイ)トークンが、シンガポールの取引所Nebulaへ上場しました。

手ぶらで仮想通貨取引が可能

上場に関して、Lucydの共同創業者のハリソン・グロス氏は「我々はARがもたらす革命を出来るだけ多くの人が参加できるようにしたいと考えています。Nebula(ネビュラ)のシンプルで効率的なインターフェースを通してLCDトークンが取引できるようになることをとてもうれしく思います」と述べています。

Lucydが手がけるスマートグラスは、一般的なスマートフォンに搭載されている電話やメールでのやり取り・カメラ機能・検索機能を搭載。一番の目玉はスマートフォンやPCを介することなく、LCDトークンを利用した個人間送金、ARコンテンツの購入といった仮想通貨を利用した取引が手ぶらで可能になる点でしょう。Lucydが紹介している動画の中でも、スマートグラスを使用する様子が映されています。

スマートグラスは、度付きスマートグラスと一般用スマートグラスの2種類があり、2018年6月下旬からネットショップにて販売開始。決済方法は法定通貨もしくは仮想通貨でスマートグラスが購入可能とのことです。仮想通貨でスマートグラスが購入できるのは、Lucydのスマートグラスが初めてのようです。

近頃、ブロックチェーンとAR技術を合わせたプロジェクトは注目を集めつつあり、今後もプロジェクトが増えていくことが考えられます。

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰