ノルウェーが独自のデジタル通貨CBDC発行か

ノルウェーの中央銀行が独自のデジタル通貨「CBDC」の発行を検討していることが明らかになりました。

現金を補足するものとして検討中

ノルウェーの中央銀行であるNorges Bank(ノルウェー銀行)は、貨幣と通貨制度への信頼を確かなものとするために、現金を補足するものとして独自のデジタル通貨の開発を検討しているようです。

ノルウェー銀行の報告書によれば、中央銀行によるデジタル通貨(Central Bank Digital Currency/CBDC)を発行する際に考慮すべきだとされる要素が調査されているとのこと。CBDCには以下の3つの用途があると強調しました。

①民間銀行への預金に代わる信頼できる代替手段の導入
②現金を補うのに相応しい法定通貨
③電子決済システムのための独立した対策

CBDCの発行が、同行やその他の金融機関の貸付能力に影響を与えることがあってはならないとし、需要がある限りノルウェー銀行は貨幣の発行も続けるとしています。なお、具体的に取り組みが始まったわけではなく、CBDCに関する調査の初期段階です。

ノルウェー銀行のワーキンググループは以下のように述べています。

ノルウェー銀行がCBDCの導入に率先して取り組むべきかどうかの結論を出すのは時期尚早だ。CBDCの影響(そして社会経済の費用対効果の分析)は具体的な設計に左右されるだろう。同様に、設計はCBDCを導入する目的に左右されるだろう。

ヨーロッパでは、スイスの「eフラン」やスウェーデンの「eクローナ」のように、国家が独自のデジタル通貨を発行する国が増えてきています。今後も普及していくかもしれませんね。

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYSは『お金に、もっとワクワクしよう』をコンセプトに新しいお金のあり方を提案するメディアです。 フィンテックを中心にキャッシュレス、ブロックチェーン、スマホ決済、ロボアド、AI投資、信用スコア、シェアリングエコノミー、仮想通貨など国内外で話題の新時代の金融経済トピックやニュースを発信しています。