BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

三菱UFJ、ブロックチェーン活用で高速決済を実現

三菱UFJフィナンシャル・グループは、「IoT(Internet of Things)」の普及に向けて高速の決済処理システムを開発。ブロックチェーン技術を使うことで、処理量を従来のカード決済システムの10倍以上に高めたことが発表されました。

進むキャッシュレス化

IoT対応機器は、2020年には250億台に上るとされ、カーシェアの車を利用したり、レンタルしている家電を稼働させたりするたびに課金されるといった仕組みが広がれば、小口のキャッシュレス決済が一気に増えると考えられています。

そうなれば、決済事業者は桁違いの情報処理を迫られることになりますが、大手のクレジットカードの決済基盤でも毎秒約10万件の決済処理が限界と言われています。そこで三菱UFJは、高速データ配信のAkamai Technologies, Inc.(アカマイ・テクノロジーズ)とブロックチェーン技術を活用した決済処理システムを開発。処理量を従来のカード決済システムの10倍以上に高めました。2019年度を目処に実用化する考えです。

決済事業者や小売店、個人の決済情報を最も近いサーバーから吸い上げ、それを同社が持つ超高性能サーバーでブロックチェーン技術を使って処理・管理します。毎秒100万件超の情報を処理でき、取引コストも現状の10分の1程度に圧縮できるとみられています。

この新たなシステムで取引コストを低く抑えられれば、クレジットカードの加盟店手数料なども安くなる可能性があります。何より、利用者にとってはキャッシュレスでスムーズに決済できる場所や手段が増えそうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP