OKEXの元CEOリー・シューフェイ氏、Huobiへ移籍

世界大手の取引所OKEX(オーケーイーエックス)の元CEOである李書沸(リー・シューフェイ)氏が、競合の取引所であるHuobi(フォビ)へ移籍し、仮想通貨業界に激震が走っています。

Huobi Tokenは14%も上昇

李氏は先週5月14日にOKEXのCEOをを辞任したばかり。これを受けて、Huobi(フォビ)が発行するHuobi Token(フオビトークン/HT)は14%も上昇しているとのことです。
李氏はHuobiにて、取締役会に係る業務とグループのM&Aやファイナンス、国際市場の開拓業務等を担当する予定です。

関連記事

・「中国の大手仮想通貨取引所Huobi(フオビ)。その特徴や取り扱い通貨は?」はこちら
・「大手仮想通貨取引所HuobiにIOTA(アイオタ/MIOT)が上場!」はこちら

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰