OKEXの元CEOリー・シューフェイ氏、Huobiへ移籍

世界大手の取引所OKEX(オーケーイーエックス)の元CEOである李書沸(リー・シューフェイ)氏が、競合の取引所であるHuobi(フォビ)へ移籍し、仮想通貨業界に激震が走っています。

Huobi Tokenは14%も上昇

李氏は先週5月14日にOKEXのCEOをを辞任したばかり。これを受けて、Huobi(フォビ)が発行するHuobi Token(フオビトークン/HT)は14%も上昇しているとのことです。
李氏はHuobiにて、取締役会に係る業務とグループのM&Aやファイナンス、国際市場の開拓業務等を担当する予定です。

関連記事

・「中国の大手仮想通貨取引所Huobi(フオビ)。その特徴や取り扱い通貨は?」はこちら
・「大手仮想通貨取引所HuobiにIOTA(アイオタ/MIOT)が上場!」はこちら

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYSはフィンテックを中心にキャッシュレス、スマホ決済、ブロックチェーン、仮想通貨、ロボアドバイザー、信用スコア、サブスクリプション、フリーアドレス、シェアリングエコノミーなど新時代の金融経済や投資情報、モノに縛られない賢い暮らしを分かりやすく提案するデジタルメディアです。