マネーフォワードが仮想通貨事業に参入!

資産管理・家計管理サービスの「Money Forward(マネーフォワード)」を提供する株式会社マネーフォワードは、5月23日(水)に開催された「Fintech&マーケティングフォーラム2018」にて仮想通貨事業の参入を発表しました。

子会社「マネーフォワードフィナンシャル」を設立

仮想通貨事業参入に伴いマネーフォワードは子会社の「マネーフォワードフィナンシャル(MFフィナンシャル)」を設立しました。MFフィナンシャルではメディア運営、仮想通貨取引所の開設、ブロックチェーンを活用した送金・決済プラットフォームの構築を主に事業を行うとのこと。メディア運営は今夏から開始予定で、取引所の開設と送金・決済プラットフォームの開始時期はまだ未定のようです。
仮想通貨事業についてマネーフォワードは「人生で必要な『お金』の新しいあり方を提案するとともに、ユーザーのさらなるチャレンジをサポートしたい」と述べています。

また、資産管理・家計管理サービス「Money Forward」にて連携可能な取引所の数を3社から約20社に拡大することも合わせて発表されました。さらに「Money Forward」で自動取得した取引データをCryptact、CryptoLinC、G-taxなどの損益計算ツールとAPI(Application Programming Interface/ソフトウェアの機能を共有)連携を行うことで計算結果をCSV形式でダウンロード可能。仮想通貨取引の管理をよりスムーズにできるようになると考えられます。

金融企業の仮想通貨事業参入や検討がますます盛んになってきていますね。

関連記事

・「SBI、夏にも仮想通貨取引所の運用開始へ」はこちら
・「三菱UFJ、ブロックチェーン活用で高速決済を実現」はこちら
・「三菱UFJが国際送金実験に成功!リップルのブロックチェーンを活用」はこちら

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYSはフィンテックを中心にキャッシュレス、スマホ決済、ブロックチェーン、仮想通貨、ロボアドバイザー、信用スコア、サブスクリプション、フリーアドレス、シェアリングエコノミーなど新時代の金融経済や投資情報、モノに縛られない賢い暮らしを分かりやすく提案するデジタルメディアです。