大手銀行バンク・オブ・アメリカがブロックチェーン活用のセキュリティシステム特許を取得

アメリカの大手銀行のBank of America(バンク・オブ・アメリカ)が、ブロックチェーンを活用したセキュリティシステムの特許を取得しました。

特定のユーザーに関する情報を一か所にまとめて保管可能

バンク・オブ・アメリカはこれまでに40以上のブロックチェーン関連の特許を申請しているとのこと。今回取得した特許は「リソースサブコンポーネントへのアクセスと、セキュリティを管理するためのシステム」と題されています。システムは個人や法人がシステム上にあらゆる情報を保存することができ、各種サービス提供者に特定の情報へアクセスする権限を与える仕組み。これにより、特定のユーザーに関する情報を一か所にまとめて保管可能です。例えると医療関係者は医療に関する記録のみにアクセスできる、ということになります。

ブロックチェーンを活用した特許の申請は増えてきており、韓国の知的財産局(KIPO)の調査によると2017年の申請数が1,248件に達したことが明らかになっています。一方でいまだに実用化が少ない技術を特許申請することで知的財産戦略が加速し、新しい技術の革新が阻害されてしまういわゆる特許戦争に発展する恐れがあるのではと心配の声も上がっているようです。

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰