BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

イスラム教寺院が寄付用のビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)ウォレットを設置

イギリスにあるモスク(イスラム教寺院)にてラマダン(断食)期間中に、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)で寄付を受け付けるウォレットが設置されました。

イスラム教徒に受け入れられていく仮想通貨

この取り組みはロンドン東部のダルストンにあるシャックルウェル・レーン・モスク(別名マスジド・ラマダン)にて、地元のブロックチェーンスタートアップ企業のCombo Inovation(コンボ・イノベーション社)と提携し実施しています。建物の修繕のために約1万ポンド(約146万円)の寄付を受け付けており、現在までにモスクのビットコインウォレットには約1,500ポンド(約21万9000円)相当の寄付を受け取っているようです。

経済的に裕福なイスラム教徒はラマダン中に自身が所有するの2.5%の富を寄付する義務がありますが、コンボ・イノベーション社のCEOのガーミット・シン氏は「もし世界の人口の4分の1を占めるイスラム教徒が、ビットコインのわずか1%(10億4000万ポンド=1523億6000万円)を保有すれば、喜捨による寄付は2600万ポンドになる」と述べており、寄付を仮想通貨にすることで大きな経済効果が得られると考えているようです。
さらに「現在は仮想通貨で喜捨を受け入れているモスクやイスラム教慈善団体は、ほとんどない。彼らは何百万ポンドもの寄付のチャンスを失っている可能性がある」とも述べており、今後寄付に仮想通貨を取り入れる宗教団体や寺院が増えていくと考えられるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP