ニュースまとめ

自作ゲームの共有サイトPLiCyがモナコインマーケット「MONAMA!」リリース

PLiCy(プリシー)は、仮想通貨モナコイン(MONA)を利用できるマーケットプレイス「MONAMA!(モナマ)」のサービスを開始しました。

コンテンツ・商品・仕事をユーザー同士で交換するマーケット

「MONAMA!(モナマ)」は「モナ・マーケット」の略称で、PLiCy内で仮想通貨モナコイン(MONA)における決済が可能なマーケットです。

ゲームの配信者が自由にモナコインの課金コンテンツを公開することができるほか、専用のAPIを通じて、自前のゲームの追加コンテンツを誰でも審査なく販売できるようになっています。
また、物販やイラスト発注などの役務も販売することが可能とのこと。
現在は、販売手数料0%で各種コンテンツが販売できるそうなので、気軽に出品してみてはいかがでしょうか。

「MONAMA!」販売対応コンテンツ

・ゲーム内コンテンツ
(ゲーム投稿サイト「PLiCy(プリシー)」投稿作品に暗号通貨課金を実装可能)
・物販(グッズ、消費物の販売)
・お仕事(イラスト発注、制作代行等)

関連記事

モナコインでクリエイターに投げ銭できる。無料ゲームサイトPLiCy

仮想通貨で投げ銭!話題のサイト「PLiCy(プリシー)」とは?

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!