メタップスプラスが発行するトークン「プラスコイン(PLC)」が取引所QRYPTOSに上場!

メタップスの子会社である韓国のMetaps Plus(メタップスプラス)が発行するトークン「PlusCoin(プラスコイン/PLC)」が、シンガポールの取引所QRYPTOS(クリプトス)に上場しました。

5月29日(火)から取引開始

QRYPTOS(クリプトス)はQUOINE株式会社がシンガポールで運営する取引所です。QUOINEは国内でもLiquid(リキッド)を運営しており、数多くある仮想通貨の中から多彩なペアで取引が可能な取引所として知られています。
プラスコインは5月29日(火)から取引開始を予定しているとのことです。

PlusCoin(プラスコイン/PLC)について

以下、プレスリリースより引用。

PlusCoin/プラスコイン(PLC)は、ERC20を規格とし、1PLC = 0.005ETHを基本レートとしています。調達仮想通貨の主な使途は、CoinRoomの市場流動性確保を目的とした準備金(50%)、開発、運営、マーケティングおよび運転資金など(50%)を予定しています。

関連記事

・「三菱UFJ・三井住友・みずほのメガバンク3行、決済事業の大手メタップスと提携へ」はこちら
・「カルダノ(ADA)が韓国最大手のモバイル決済プラットフォーム「メタップスプラス」と提携」はこちら
・「選べるレバレッジが魅力! QUOINEX (コインエクスチェンジ)特徴や評判とは」はこちら

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰