サッカーコロンビア代表のハメス・ロドリゲス選手が独自トークン「JR10トークン」発行へ

サッカーのコロンビア代表でありドイツのバイエルン・ミュンヘンでも活躍するハメス・ロドリゲス選手が、独自のトークン「JR10トークン」の提供開始を発表しました。

ファンとの交流を活発化させるトークン

「JR10トークン」は5月27日(日)から、ブロックチェーンベースのICOプラットフォーム「SelfSell(セルフセル)」のアプリを経由して販売されています。トークンを発行することで、より多くのファンとの交流を活発化させたいとのこと。

SelfSellは貧困層の若者を手助けするICOとして知られており、CEOのLi Yuan氏は「ブロックチェーンのエコシステムにより、誰もが価値を与えたり生み出したりできるようになる」と述べています。若者から絶大な支持を得るハメス・ロドリゲス選手のトークン発行がきっかけで、SelfSellを利用して資金を集め自身の夢を実現する若者が今後増えていくかもしれません。

関連記事

・「炭火焼肉たむら、独自トークン「SYTG」発行へ」はこちら
・「若者の未来を作りだすICO「selfsell」の特徴や将来性は?」はこちら

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰