政治情報共有プラットフォーム「PoliPoli」がNEMブロックチェーンを採用

株式会社PoliPoliはスタートアップのLCNEMと提携し、同社が開発を手がける政治情報共有プラットフォーム「PoliPoli(ポリポリ)」にてプラットフォーム内でNEMブロックチェーンを採用すると発表しました。

PoliPoli外でも独自トークン「Polin」を使いやすく

「PoliPoli」は政治家と有権者がSNSのようにコミュニケーションがとれるほか、独自トークン「Polin(ポリン)」を利用し有権者から政治家へ寄付をすることが可能なサービスです。
LCNEMが手がけるNEMブロックチェーンを活用したウォレット「LCNEM Wallet」をPolinの引き出しシステムと連携。トークンの機能がブロックチェーンの外にありバグが発生しない、セキュリティが高く修正が可能といった点からNEMブロックチェーンの採用に至ったとのことです。

Polinを寄付された政治家は、Polinを現金化し自身の政治活動に充てることが可能。今回LCNEM Walletと連携することで、政治資金の調達がスムーズになるでしょう。

関連記事

・「政治×ブロックチェーン!情報共有プラットフォーム「PoliPoli」で政治に参加しよう」はこちら
・「GoogleアカウントでログインできるNEMウォレットが登場!」はこちら

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰