取引所コビンフッドが台湾にて正式サービス開始

仮想通貨取引所COBINHOOD(コビンフッド)が、台湾での正式なサービス開始を発表しました。

台湾でのさらなるブロックチェーン活用を目指す

COBINHOODは売買手数料0円で取引可能な取引所です。アメリカのRobinhood(ロビンフッド)も売買手数料0円のサービスを行なっておりますが、世界で初めてCOBINHOODがサービスを提供し始めたようです。取引可能な仮想通貨の種類は100種類を超えており、1日の平均取引額は約2,000万米ドル(約22億円)とのこと。現在では世界の数多くある取引所のうち取引量上位30ヵ所に入るそうです。
COBINHOODを運営する柯賓漢数位金融科技のCEO陳泰元氏は、「COBINHOODを利用して台湾のブロックチェーンのエコシステムを構築することで、台湾を再び『ハイテクの島』として栄光を取り戻せるチャンスとなるだろう」と述べており、台湾でのさらなるブロックチェーンの活用を目指しています。

関連記事

・「台湾の銀行、ブロックチェーンを応用した決済で取引数が4倍に!」はこちら
・「台北市がIOTA(アイオタ)と提携。ブロックチェーンを活用したスマートシティを目指す」はこちら
・「暗号化取引プラットフォームのロビンフッドが手数料ゼロの仮想通貨取引をスタート」はこちら


合わせて読みたいオススメ記事
 

2019年注目すべきサービスはこれ!
信用力をスコア化する話題のAIスコア診断

BITDAYSをフォローしてお得な情報をGET♫

BD編集部

BD編集部

フィンテック・キャッシュレス決済を中心にスマホ・モバイル・QRコード決済、ブロックチェーン、仮想通貨・暗号資産、ロボアドバイザー、信用スコア、サブスクリプション、フリーアドレス、シェアリングエコノミーなど新時代の金融経済や投資情報、モノに縛られない賢い暮らしを毎日発信