BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

早急に対策を!仮想通貨イオス(EOS)のメインネット移行が迫る

EOS(イオス/EOS)が7月2日(月)にメインネットに移行します。これに伴い、6月2日(土)に ICO が終了。ERC20のEOSトークンは移転できなくなるため、ウォレットではなく取引所に保管することが推奨されています。

EOSの公式サイトはコチラ

EOSを取引所に預けておこう

「メインネットへの移行」とは、テストネットからの移行を示しています。
イオス(EOS)は2017年にイーサリアム上で発行された「ERC20」というトークンです。しかし、7月2日(月)からこのイーサリアムのネットワークから独立し、ERC20フェーズを終了。独自のネットワークで稼動するようになります。
このようにメインネットへの移行が行われると、それまでのネットワーク上にあるトークンは利用できなくなり、イオス(EOS)を「MetaMask(メタマスク)」や「MyEtherWallet(マイ・イーサ・ウォレット)」などのウォレットで保管している場合、無価値になってしまいます。
そのため、6月2日(土)までに、保有しているイオス(EOS)をすべて取引所に移動させておく必要があるのです。イオス(EOS)保有者の皆さんは必ず対策を取っておきましょう。

メインネット移行に対応する取引所

Binance(バイナンス)
Bitfinex(ビットフィネックス)
Kucoin(クーコイン)

関連記事

仮想通貨イオス(EOS)の特徴、価格、取引所、将来性は?

大手格付け機関Weiss Ratingsがカルダノ(ADA)・ネオ(NEO)・イオス(EOS)を賞賛

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP