昨年イーサリアムネットワークに発行されたDAppsは1090個、トークンは700種を突破!

Ethereum(イーサリアム)ネットワークにて2017年に発行されたDApps(分散型アプリケーション)が1090個、トークンは700種を突破していたことが明らかになりました。

多くの場面で活用されるイーサリアムネットワーク

イーサリアム分析企業Alethio(アレシオ)のクリスチャン・クロウウェイ氏が、5月28日(月)にイスラエル・テルアビブで開催されたイーサリアムイベント「ConsenSys Community Day(コンセンシス・コミュニティ・デイ)」にてこの事実を明らかにしました。さらに、同氏はイーサリアムのエコシステムには毎日平均10万人の新規ユーザーの参加があり、2920万のユニークアドレスがあると述べています。
イーサリアムネットワークには取引が全て記録される「スマートコントラクト」システムが利用されており、今多くの企業や投資家から注目を集めています。このシステムを活用したDAppsには仮想通貨やICO、ゲームといった多くの種類が存在しており、特にゲームは現在も多く増え続けているようです。
最近はイーサリアムネットワーク上で発行されるトークン「ERC20」からTRON(トロン/TRX)EOS(イオス/EOS)が外れ、それぞれ独立したネットワークで稼働することが発表されました。「ERC20」は多くのウォレットや取引所でサポートされており、管理の利便性もあったためそれぞれの仮想通貨を所持する人々の間で大きな話題となりました。

関連記事

・「仮想通貨TRON(トロン/TRX)のメインネット移行が迫る!」はこちら
・「早急に対策を!仮想通貨イオス(EOS)のメインネット移行が迫る」はこちら
・「DApps(分散型アプリケーション)とは?読み方や概要、おすすめのゲームを紹介。仮想通貨やイーサリアムの将来を担う!?」はこちら

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰