BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

リップルがPropy社と提携!不動産の支払い通貨にXRP採用

Ripple(リップル)社が Propy(プロピー)社と提携し、仮想通貨「XRP」で不動産を購入できるようになりました。

XRPで世界中の不動産が買えるように

アメリカのサンフランシスコに本拠を置くPropy社は、フィンテック系のベンチャー企業です。ブロックチェーンベースのプラットフォーム「Propy」を運営し、世界中の不動産を仮想通貨で取引できるようにしました。

「Propy」では、すでにビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)のによる決済に対応していますが、そこへ新たにリップル(XRP)が追加されました。

リップル社が不動産業界へ参入。
また、XRPが送金通貨としてではなく、決済通貨として採用されたということで、仮想通貨市場はまた大きく動くかもしれません。

関連記事

仮想通貨で不動産を買う!XRPとMONAへの対応もスタート

日本初!ビットコインでマンションが買える不動産店舗が麻布十番にオープン

アメリカでイーサリアムによる不動産取引が行われる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP