モナコインが純金のリアルコインに!?「ゴールドフェスティバル2018」にて展示

金型や宝飾品の制作を行うサカモト彫刻が、6月30日(土)に開催される金の祭典「ゴールドフェスティバル2018」にて、同社製造の純金Monacoin(モナコイン/MONA)の展示を行うそうです。

純金モナコインの販売が実現するかも!?

ゴールドフェスティバルは東京・品川で「ゴールドについて学び、ゴールドを体感する一日」をモットーに、金に関するさまざまな展示・スピーチが行われるイベントです。

今回展示を行うサカモト彫刻は仮想通貨金貨の製造・販売を行なっており、昨年は純金ビットコインを発表しています。第2弾となる仮想通貨金貨は、大型掲示板5ちゃんねるでおなじみのキャラクター・モナーが刻まれた純金モナコイン。現在金型の職人が純金モナコインの金型を製作中とのこと。また、純金モナコインは正式に造幣局で999.9の刻印、いわゆる金が99.9%という貴金属製品の品位証明を打ってもらうようです。
サカモト彫刻では仮想通貨を金貨にするだけでなく、同社の製品や純金ビットコインの購入時には実際にビットコイン決済が可能のようです。
純金モナコインは現在展示のみで販売のアナウンスがされていませんが、今後は純金モナコインの販売、製品購入時のモナコイン決済が可能になることも考えられますね。

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰