GMOインターネットがゲーム内でビットコイン(BTC)配布可能なサービスを発表

インターネットサービスを提供するGMOインターネット株式会社が、ゲームアプリ内でBitcoin(ビットコイン/BTC)を報酬として配布できるサービス「CryptoChips(クリプトチップス)」を発表しました。

GMOグループのゲームに限らず他社ゲームでの実装も


GMOインターネットは仮想通貨事業に力を入れており、最近ではマイニングマシン「GMOマイナー B2」の発表や給与の一部をビットコイン(Bitcoin/BTC)で受け取れる制度の導入など、社内外問わず仮想通貨に関するさまざまな取り組みを行なっています。
「CryptoChips」をゲームアプリに実装することで、プレイヤーにゲーム内のさまざまな条件に応じた報酬として仮想通貨を配布でき、報酬はプレイヤーがあらかじめ登録したウォレットで受け取ることが可能なサービスとなっています。8月に同社のゲームアプリ「ウィムジカル ウォー」への実装を皮切りに、GMOインターネットグループが提供するそのほかのゲームアプリや他社ゲームタイトルにも「CryptoChips」を実装していくとのことです。

関連記事

・「GMOインターネットが自社開発した仮想通貨マイニングマシン「GMOマイナー B2」販売開始」はこちら
・「GMOが給与の一部をビットコインにできる制度を導入」はこちら

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYSは『お金に、もっとワクワクしよう』をコンセプトに新しいお金のあり方を提案するメディアです。 フィンテックを中心にキャッシュレス、ブロックチェーン、スマホ決済、ロボアド、AI投資、信用スコア、シェアリングエコノミー、仮想通貨など国内外で話題の新時代の金融経済トピックやニュースを発信しています。