OKI・ベネフィットワン・ZEROBILLBANK JAPANが提携!ブロックチェーン活用の「Yume Coin」を発表

情報通信業の沖電気工業株式会社(OKI)、福利厚生サービス業の株式会社ベネフィット・ワン、ブロックチェーン企業のZEROBILLBANK JAPAN株式会社(ゼロビルバンクジャパン/ZBB)ら3社が提携し、ブロックチェーン活用のポイントプログラム「Yume Coin」を発表しました。

健康の推進・改善に応じた行動でポイントが貯まる

「Yume Coin」は、OKIのIoT端末とベネフィット・ワンの福利厚生サービス、ZBBのブロックチェーン技術を組み合わせた利用者の行動変容を後押しするインセンティブ・ポイントプログラムです。「Yume Coin」の利用者が健康推進・改善に向けた行動をとると対価としてインセンティブ・ポイントが貯まり、貯まったポイントはベネフィット・ワンが提供する食事券やエンターテイメント関連のチケットなど約2万点の商品と交換できるようです。
また、3社は「Yume Coin」の実証実験を実施予定。実験を通じてサービスの改善を行いつつ、OKIが持つ技術やデータ分析を通じてサービス利用者の環境状況・行動を把握できる仕組みを目指していくとしています。

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰