ハウステンボスがブロックチェーン活用企業Liquidと提携!独自通貨「テンボスコイン」を共同開発

長崎県佐世保市にあるテーマパーク「ハウステンボス」を運営するハウステンボス株式会社が、決済サービスを提供する企業株式会社Liquid(リキッド)と提携し、ハウステンボス内で利用できる独自通貨「テンボスコイン」の共同開発を行うことが明らかになりました。

ハウステンボスの「キャッシュレステーマパーク」化

リキッドでは本人認証・決済サービスの「PASS(パス)」や、店舗で独自のトークンを発行できるブロックチェーンを活用した決済リーダー「LIQUID Reader(リキッドリーダー)」などの開発を手がけてきました。
「テンボスコイン」は、店舗での決済やATMでのチャージが可能とのこと。さらにブロックチェーンを活用した勘定管理を行ったり、来場者向けのウォレットアプリやNFC(近距離無線通信)カードといった決済手段を用意するなど、リキッドが培ってきた技術を多く活用していくことがうかがえます。
今回の提携で安全・便利・低コストの3つのメリットがある決済をハウステンボスにて実現し、「キャッシュレステーマパーク」化を推進していくようです。


合わせて読みたいオススメ記事
 

2019年注目すべきサービスはこれ!
信用力をスコア化する話題のAIスコア診断

BITDAYSをフォローしてお得な情報をGET♫

BD編集部

BD編集部

フィンテック・キャッシュレス決済を中心にスマホ・モバイル・QRコード決済、ブロックチェーン、仮想通貨・暗号資産、ロボアドバイザー、信用スコア、サブスクリプション、フリーアドレス、シェアリングエコノミーなど新時代の金融経済や投資情報、モノに縛られない賢い暮らしを毎日発信