ニュースまとめ

世界最大級の仮想通貨取引所Coinbaseが三菱UFJと提携で日本進出!

アメリカの大手仮想通貨取引所Coinbase(コインベース)が、2016年7月に10億円を同社へ出資した大手銀行の三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)と提携し、日本進出を目指すことが明らかになりました。

年内に仮想通貨交換業の登録を申請予定

コインベースはセキュリティに強みを持つ取引所です。国内大手仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)も取得しているニューヨークの仮想通貨ライセンス「Bit License(ビットライセンス)」を取得し、法規制遵守した上で運営を行なっています。現在はアメリカでの銀行ライセンスの取得に向けた準備も進めています。
コインベースで取扱う通貨は、Bitcoin(ビットコイン/BTC)Ethereum(イーサリアム/ETH)Litecoin(ライトコイン/LTC)Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ/BCH)の4種類です。仮想通貨交換業の登録を年内に申請する予定ですが、現在国内での仮想通貨交換業の登録申請数が増えてきているため、日本国内での運営開始まで時間がかかるようです。

関連記事

・「大手取引所Coinbaseが同業のParadexを買収!新プラットフォーム「Coinbase Pro」も発表」はこちら
・「coinbase(コインベース)、銀行ライセンス獲得へ」はこちら
・「米大手取引所Coinbaseが仮想通貨決済プラットフォームを開発。仮想通貨決済がさらに現実的に」はこちら

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!