大手仮想通貨取引所Binanceがeスポーツプラットフォーム「chiliZ」へ投資!

中国の大手仮想通貨取引所Binance(バイナンス)が、マルタのeスポーツ特化のプラットフォームchiliZ(チリーズ)へ投資を行いました。

伝統的なスポーツ業界でもトークン・エコシステムの導入目指す

chiliZでは、トークン「chiliZ($CHZ)」を用いて自分が応援するeスポーツチームへ声が届けることができ、eスポーツチームの運営方針の意思決定に携わることが可能。ブロックチェーンを活用しており、今後成長が見込まれるeスポーツ業界で注目を集めるプラットフォームです。
今回、BinanceからchiliZへ投資した金額は明らかになっていません。2社は今後伝統的なスポーツ業界においても、ファンが主役でチームに影響力を持てるトークン・エコシステムの導入を進めていくとのことです。BinanceのCEO・趙長鵬(ジャオ・チャンポン)氏は「技術共有が進み、より一層イノベーションと創造力がもたらされるだろう。チリーズはブロックチェーン技術の利用方法において創造力が抜きん出ているし、急成長する業界で主流になることを目指している」と述べています。

関連記事

・「NANJCOINとビットキャッシュがコラボ!プロゲーマーを応援」はこちら

BDを友だち追加してお得な情報をGET♫

BD編集部

BD編集部

フィンテック・キャッシュレス決済を中心にスマホ・モバイル・QRコード決済、ブロックチェーン、仮想通貨・暗号資産、ロボアドバイザー、信用スコア、サブスクリプション、フリーアドレス、シェアリングエコノミーなど新時代の金融経済や投資情報、モノに縛られない賢い暮らしを毎日発信