CEOが発言。年内に大手銀行がリップル社の「xRapid」を導入か

リップル社のCEO、Brad Garlinghouse(ブラッド・ガーリングハウス)氏が年内に大手銀行が「xRapid」を導入すると発言し、話題になっています。

パイロット事業の結果も良好だった「xRapid」

リップル社のCEOであるBrad Garlinghouse(ブラッド・ガーリングハウス)氏は、CNBC のインタビューに対して、2018年中に主要な銀行が「xRapid」の利用を開始すると述べました。

「xRapid」は、リップルのブロックチェーンによる即時決済システムにおいて流動性を高めるためのソリューションで、金融機関同士の法定通貨の国際送金を円滑にするために開発されました。
先月、パイロット結果が発表され、注目を浴びていたところです。
従来の国際決済方法では平均で2〜3日かかるところを約2分に短縮でき、事業に参加した金融機関は、外国為替プロバイダーを利用する必要がなくなったことや決済スピードが向上したことによって40〜70%のコスト削減に成功したといいます。

今回は、金融機関や決済サービスではなく大手銀行が「xRapid」を導入するという話なので、より一層期待がかかっているようです。

関連記事

リップル社がxRapidのパイロット結果を報告。時間とコストの大幅削減に成功

リップル社の決済システムCodius復活へ

世界的な決済ツールプロバイダーのケンブリッジ社、国際送金にXRPを使用するテストを開始

合わせて読みたいオススメ記事
 

2019年注目すべきサービスはこれ!
信用力をスコア化する話題のAIスコア診断

BDを友だち追加してお得な情報をGET♫

BD編集部

BD編集部

フィンテック・キャッシュレス決済を中心にスマホ・モバイル・QRコード決済、ブロックチェーン、仮想通貨・暗号資産、ロボアドバイザー、信用スコア、サブスクリプション、フリーアドレス、シェアリングエコノミーなど新時代の金融経済や投資情報、モノに縛られない賢い暮らしを毎日発信