大手クレジットカード会社MasterCardがブロックチェーン活用のシステム開発

大手クレジットカード会社MasterCard(マスターカード)の副社長であるアン・ケアンズ氏が、ブロックチェーンを活用し全社のネットワークシステムを稼働できるシステムを開発したことを明らかにしました。

ブロックチェーンの活用に意欲的なMasterCard

オランダ・アムステルダムにて6月4日(月)から6日(水)まで開催されていたイベントMoney20/20 Europe(マネー20/20)にて、ケアンズ氏が発言したようです。
ケアンズ氏は今回の開発に関して、「既存の技術をブロックチェーンで置き換えるのは、単により優れたユーザー体験を作れないかもしれないからではない。この技術が何を解決してくれるかを見つけること、それは真正性の証明かもしれない」と述べました。
近頃、MasterCardはブロックチェーンの活用に意欲を見せています。4月にはブロックチェーンノードのアクティブ化に関する特許を申請しており、さらにはアイルランドにてブロックチェーン専門家の採用を行なっています。
MasterCardは2018年第1四半期の業績に伸び悩んでいるようですが、これに対してCFOのマルティナ・フンメイン氏は「これは最近の仮想通貨ウォレット資金の落ち込みによるもの。国際間取引の成長によっていくらか緩和されると見ている」と述べており、仮想通貨に寛容な姿勢を見せています。

関連記事

・「マスターカード、アイルランドでブロックチェーン技術者採用へ」はこちら

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYSは『お金に、もっとワクワクしよう』をコンセプトに新しいお金のあり方を提案するメディアです。 フィンテックを中心にキャッシュレス、ブロックチェーン、スマホ決済、ロボアド、AI投資、信用スコア、シェアリングエコノミー、仮想通貨など国内外で話題の新時代の金融経済トピックやニュースを発信しています。