富士通が地域活性化を支援!「ブロックチェーンアセットサービス」販売開始

国内の大手電子メーカー富士通が、観光地や商業施設など特定地域でポイントやクーポンを提供可能なクラウドサービス「ブロックチェーンアセットサービス」の販売を開始しました。

集客率の向上・購買意欲の増進につなげて地域活性化

「ブロックチェーンアセットサービス」では、利用者が特定地域の店舗や商業施設に設置されたQRコードなどを読み取ることで、ポイントやクーポンを獲得できるとのこと。獲得したポイントやクーポンは、店舗や商業施設で利用可能なクーポンなどに交換ができるようです。また、サービスを導入した店舗や商業施設は、ポイントやクーポンの利用者をブロックチェーンを活用して管理・分析が可能です。
富士通は「ブロックチェーンアセットサービス」で、観光地や商業施設の集客率の向上・購買意欲の増進につなげて地域活性化が期待できると述べています。
また、富士通は台湾のファミリーマートにて、同様のシステムを利用した実証実験を行なっています。

関連記事

・「富士通、台湾のファミリーマートでブロックチェーンの実証実験」はこちら
・「富士通、ブロックチェーン開発拠点をベルギーに設置」はこちら

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYSは『お金に、もっとワクワクしよう』をコンセプトに新しいお金のあり方を提案するメディアです。 フィンテックを中心にキャッシュレス、ブロックチェーン、スマホ決済、ロボアド、AI投資、信用スコア、シェアリングエコノミー、仮想通貨など国内外で話題の新時代の金融経済トピックやニュースを発信しています。