オーストラリアの相乗り企業MobiがNEMブロックチェーン活用サービス展開へ

オーストラリアのライドシェア(相乗り)企業のMobiが、NEMブロックチェーンを活用した相乗りサービスを展開すると明らかにしました。

決済システム・セキュリティで活用

MobiはNEMブロックチェーンを決済システム・セキュリティで活用するとのことです。NEMブロックチェーンによって、外部の決済サービスを利用する手間を省き手数料を下げることが可能。さらに利用者と運転手の間でやりとりするメッセージを暗号化し、機密性を保つとしています。
近頃UberやLyftといった配車のサービスを行う企業が増えてきており、それに比例して渋滞の発生数も増えてきています。また、車も増えることで排気量も増え、環境に悪影響を及ぼしてしまいます。こういった問題を解決するのもMobiの課題であり、移動方向が同じ通勤客や大学生ターゲットにすることで、配車サービスで発生してしまう渋滞問題や環境問題も解決できるとMobiは考えます。

関連記事

・「中国の相乗り企業創業者がブロックチェーンを活用したアプリ開発へ」はこちら

おすすめ記事

BITDAYS編集部

BITDAYS編集部

BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!