世界最大のソフトウェア企業SAPがブロックチェーン開発支援の「SAP Cloud Platform Blockchain」提供開始

ドイツにある世界最大のソフトウェア企業SAP(エスエイピー)が、企業向けにブロックチェーン開発支援のプラットフォーム「SAP Cloud Platform Blockchain」の提供を開始しました。

企業のブロックチェーン開発を支援

企業は「SAP Cloud Platform Blockchain」を利用することで、独自のブロックチェーン活用アプリの作成・既存のソリューションの拡張・ブロックチェーンネットワークの構築が可能。企業のブロックチェーン開発を支援するプラットフォームです。このプラットフォームには「Hyperledger Fabric」や「MultiChain」といった、日系企業から注目を集めているオープンソースのブロックチェーン技術をサポートしているとのこと。
SAPは「SAP Cloud Platform Blockchain」の利用実績を作るために、約65社ある多様な業界と連携を行なっているようです。
また同社は、企業のあらゆる取引データを単一のビューで容易に管理可能なブロックチェーン活用のサービス「SAP HANA Blockchain service」も同時に発表しています。

企業のブロックチェーン活用事例は増えてきており、最近では300社以上で採用されているNEMブロックチェーンを活用した「mijin」も注目を集めています。また「mijin」は、「SAP Cloud Platform Blockchain」でサポートされている「Hyperledger Fabric」と連携を行い、実証実験を行なったことで大きな話題となりました。

関連記事

・「NEMブロックチェーン活用「mijin」の最新版が一般公開を開始」はこちら
・「ジビエ管理でNEMベースのブロックチェーンmijinを活用」はこちら
・「mijinとHyperledger Fabricが連携。テックビューロとジャパンネット銀行が世界初の実証実験を開始」はこちら

おすすめ記事

BITDAYS編集部

BITDAYS編集部

BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!