仮想通貨ウォレット「IndieSquare Wallet」、DAppsブラウジング機能を搭載

ブロックチェーンを使った独自トークンの発行およびアプリケーション連携用「API/SDKs」の提供を行っている株式会社 IndieSquare は、提供中の仮想通貨ウォレット「IndieSquare Wallet(インディースクエア・ウォレット)」をアップデート。世界初となる複数ブロックチェーン対応の DApps ブラウジング機能を搭載しました。

「IndieSquare Wallet」について

「IndieSquare Wallet」は、ビットコインのブロックチェーン上で独自トークンを発行できるウォレットとして、2014年から提供が開始されています。iOS、Android の両方に対応するモバイルウォレットサービスです。

安全性

「IndieSquare Wallet」は秘密鍵を暗号化し、安全にスマホ内に保管します。万が一、ハッキングされたとしても利用者の資産が失われることはありません。また、端末が壊れたり紛失しても、専用のパスフレーズをメモしておくことで簡単に元のアカウントにアクセスすることができます。スマホを紛失した場合も、他人に見られないようパスワードでロックすることも可能です。

利便性

ビットコイン(BTC)、イーサリウム(ETH)、Counterparty を簡単なステップで送ったり受け取ったり、また、それらを DApps で利用することができます。利用の履歴も確認可能で、受け取りはプッシュ通知で見逃しません。HDウォレット対応なので復数のアドレスを使い分けることもできます。

拡張性

今回の DApps ブラウジング機能に加え、ネイティブアプリ間でもウォレットと安全に連携するための仕様や「API/SDKs」を開発者の方々へ随時公開しています。

「DApps ブラウジング機能」とは?

これまで DApps は、それぞれアプリケーションごとにウォレット機能を搭載していましたが、その安全性はそれぞれの開発者の力量にかかっていたため、時には大規模なハッキング被害に遭うリスクもありました。
「DApps ブラウジング機能」では、ウォレット開発を専門に行う事業者のノウハウのもと、顧客の資産にアクセスするための秘密鍵をサーバに配置せずに、暗号化した上で安全にクライアント側に保管。アプリケーションからそこへアクセスする手段を提供するというものです。
これにより、DApps 開発者は秘密鍵を管理する必要がなく、アプリケーションの開発に集中できるようになります。また、利用者もアプリケーションごとにウォレットを切り替える煩わしさから開放され、安全に DApps を利用することが可能になるといういうわけです。

「IndieSquare Wallet」をダウンロードしよう!

・iOS 版のダウンロードはコチラから

・Android 版のダウンロードはコチラから

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰