大手クレジットカード会社MasterCardがカード決済のブロックチェーン特許申請!

大手クレジットカード会社MasterCard(マスターカード)は、カード決済に関するブロックチェーン特許を申請したことが明らかになりました。

安全でよりスピーディーな決済目指す

特許名は「Method And System For Payment Card Verification Via Blockchain(ブロックチェーンを通じたペイメントカード認証の方法とシステム)」で、情報の漏えいや決済時のミスを無くすために特許の申請を行なったようです。MasterCardは「消費者の関与を最小限に抑え、かつ高いレベルのセキュリティ、特にスキミングを防ぐ機構を維持しつつ、店頭端末への支払い認証情報の送信を可能にする技術的なソリューションへのニーズがある」と述べており、安全でよりスピーディーな決済を目指すとしています。
MasterCardはブロックチェーン分野に力を入れており、ブロックチェーン技術者の採用や同技術を活用したネットワークシステムの開発を行なっています。

関連記事

・「マスターカード、アイルランドでブロックチェーン技術者採用へ」はこちら
・「大手クレジットカード会社MasterCardがブロックチェーン活用のシステム開発」はこちら


合わせて読みたいオススメ記事
 

2019年注目すべきサービスはこれ!
信用力をスコア化する話題のAIスコア診断

BITDAYSをフォローしてお得な情報をGET♫

BD編集部

BD編集部

フィンテック・キャッシュレス決済を中心にスマホ・モバイル・QRコード決済、ブロックチェーン、仮想通貨・暗号資産、ロボアドバイザー、信用スコア、サブスクリプション、フリーアドレス、シェアリングエコノミーなど新時代の金融経済や投資情報、モノに縛られない賢い暮らしを毎日発信