アリペイ運営のアント・フィナンシャルが1.5兆円調達へ!ブロックチェーン、AI開発に投資

中国の決済サービス「Alipay(アリペイ/支付宝)」を運営するAnt Financial(アント・フィナンシャル)が、資金調達ラウンドのシリーズC(ビジネスのさらなる成長のための調達ラウンド)にて1.5兆円を調達することを投資家と合意。ブロックチェーン・AI(人工知能)などの開発に投資することが明らかになりました。

金融ニーズが満たされてない層への金融サービス提供を目指す

Ant Financialの会長兼CEOであるエリック・ジン氏は「オープンなエコシステムを構築する…世界中の金融ニーズが満たされてない人々がデジタル・エコノミーの恩恵を享受できるように、テクノロジーとイノベーションに投資していく」と述べており、銀行口座を持たない利用者や小規模な企業に対して、世界中で金融サービスの提供を目指すようです。
Ant Financialが運営するAlipayは、今年1月からブロックチェーンの活用も始めています。主に中国で多くの人々が利用しているサービスであり、日本でもローソンやドン・キホーテ、成田国際空港などでAlipayの利用が可能です。今回の投資がきっかけで、AlipayをはじめとするAnt Financialのサービスのさらなる成長が期待できるでしょう。

関連記事

・「『モバイル決済 for Airレジ』をGINZA SIXへ順次導入。BTC決済も可能に」はこちら


合わせて読みたいオススメ記事
 

2019年注目すべきサービスはこれ!
信用力をスコア化する話題のAIスコア診断

BITDAYSをフォローしてお得な情報をGET♫

BD編集部

BD編集部

フィンテック・キャッシュレス決済を中心にスマホ・モバイル・QRコード決済、ブロックチェーン、仮想通貨・暗号資産、ロボアドバイザー、信用スコア、サブスクリプション、フリーアドレス、シェアリングエコノミーなど新時代の金融経済や投資情報、モノに縛られない賢い暮らしを毎日発信