BITDAYS(ビットデイズ)- キャッシュレス・フィンテックの総合サイト。仮想通貨やスマホ決済の最新情報を発信

NEMブロックチェーンのmijinでトレカ管理システム「ブロックチェーン・トレカ」の実証実験開始へ

国内大手取引所Zaif(ザイフ)を運営するテックビューロ株式会社がオンラインゲーム運営の株式会社アエリアと提携。6月18日(月)から2社共同で、NEMブロックチェーンのmijin(ミジン)を活用したトレーディングカード管理システム「ブロックチェーン・トレカ」の実証実験を行うと発表しました。

実証実験は6月18日(月)~6月25日(月)の間実施予定

mijinはテックビューロが開発を手がけた、NEMプロトコルが活用されているプライベートブロックチェーンです。2015年9月の提供開始から2年半で300社以上に採用され、一般にもコードを公開するなど法人や個人関係なくさまざまな場面で活用されています。
実証実験は6月18日(月)~6月25日(月)の間に実施予定で、実証実験で出た課題を改善し7月から正式サービス開始予定とのこと。今回実証実験を行う「ブロックチェーン・トレカ」にmijinを採用した理由としてテックビューロは「当初はイーサリアムの利用を予定していたが、アエリアではブロックチェーン技術の活用に力を入れており、『ブロックチェーン・トレカ』以外にもエスクローサービスなど、ブロックチェーン技術を用いたサービスを計画中。各種サービスにおいて実証実験を行う際にプライベートなブロックチェーンが適していること、NEMとの互換性が高くパブリックなブロックチェーンにも展開しやすいためmijinが採用された」と述べています。
「ブロックチェーン・トレカ」ではトレーディングカードをデジタルアセットとして1枚単位で登録・発行・流通し、ゲーム運営会社のサーバー上で管理を行わないとしています。トレーディングカードにはそれぞれ属性があり、属性やその相性を利用したカードバトルゲームを楽しめるようになっているようです。
近頃、イーサリアムネットワークを活用したゲーム(DApps)が増えてきていますが、今後NEMブロックチェーンのmijinを活用したゲームも増えてくることが考えられますね。

関連記事

・「NEMブロックチェーン活用「mijin」の最新版が一般公開を開始」はこちら
・「ジビエ管理でNEMベースのブロックチェーンmijinを活用」はこちら
・「テックビューロのブロックチェーン「mijin v.1」が世界88ヶ国で利用可能に」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰
PAGE TOP