フォルクスワーゲンがIOTA(アイオタ)の「Tangle」導入へ

世界大手自動車メーカーのVolkswagen(フォルクスワーゲン)が、6月11日(月)に行われたドイツのイベント「Cebit ’18 Expo」にて、IoT特化のIOTA(アイオタ)で活用されているTangleを導入することを発表しました。

自動車の実証実験に利用

CDOのJohann Jungwirth氏は「IOTAはTangleのアプローチで分散型システムのリーダーになる大きな可能性を秘めている」と述べています。今後、自動車業界でのブロックチェーンやTangleといった分散型システム利用の機会が増えていくことでしょう。

IOTAによるニュースリリースはこちら

おすすめ記事

BITDAYS編集部

BITDAYS編集部

BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!