BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

海外はビットコインキャッシュへ移行中!?仮想通貨分析ツールで解明

先日からtwitter等で下記のソースを元にビットコインを保有しているのは殆どが日本人であり、海外はビットコインキャッシュに移行してるという内容のツイートが大きな話題となっています。


確かに上記のグラフだけを見ると日本円以外の外貨がビットコインキャッシュに移行しているのが分かります。しかしあくまで上記のグラフは24時間を切り取ったものであり、今後どう変動するのかは誰にも分かりません。見方を変えればビットコインは日本が主導なんだ!とも言えますし、日本だけ取り残されたら。。。とも言えます。
今日はそんな不安に苛まれないためにもリアルタイムで世界の仮想通貨の情報や動向を知れるツールをご紹介します。

世界の仮想通貨の分析がリアルタイムで出来る神ツールCryptoCompare

ご紹介するCryptoCompareは世界の仮想通貨の分析がリアルタイムで出来る神ツールです。

使い方はとても簡単でメニューバーにあるCOINをクリックし調べたい通貨を選択します。

※レスポンシブ設計になっているのでスマホからも同様に遷移できます
トップには有名に通貨が並んでいます。検索等を使うとマイナーな通貨表示されます。

ビットコインを選択

ビットコインを選択するとデフォルトでOVERVIEWのタブが選択され現在のビットコインの価格と推移が確認できます。

次にANALYTICSのタブをクリックすると下記の様なグラフが出てきます。

左側の円グラフがビットコインを購入している国の通貨が表示されます。右のグラフはビットコインの取引所のシェアになります。ビットフライヤーでの購入が大半を占めていますね。また上記の結果をみると11月25日現在でビットコインの約6割はJPYということが分かります。

ビットコインキャッシュは?


KRWやBTC、ドルが大半を占めJPYは全体の1%程度となっていることが分かります。

あらゆるデータを分析して慎重な仮想通貨取引をオススメします

twitterで話題になっていた通り数字上はビットコインは日本円が多く、ビットコインキャッシュは外貨が大半を占めていることが分かりました。ただし時価総額も違っていたり、ビットコインやビットコインキャッシュの他にも有望で支持されている通貨はいくつも存在していることから上記の結果だけで判断するのはオススメできません。CryptoCompareの様なツールを上手に活用し仮想通貨のデータをチェックして納得のいく仮想通貨取引を行ってください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
ミツヤコウヘイ

ミツヤコウヘイ

BITDAYS編集長です。
PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial