米国証券取引委員会(SEC)が発表。ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)は有価証券ではない

米国証券取引委員会(SEC)は、昨日14日(木)サンフランシスコで開催されたサミット「Yahoo All Markets Summit」にて ビットコイン(Bitcoin/BTC)イーサリアム(Ethereum/ETH) は有価証券ではないと発表しました。

理由は「十分に非中央集権化が進んでいるから」

SECでは長期にわたり、仮想通貨に有価証券としての規制を課すのかどうか議論されていました。すべての仮想通貨をまとめて評価するのではなく、ひとつひとつの銘柄について厳密に精査していく方針を示しています。

ICO のほとんどが SEC の規制対象となる一方で、ブロックチェーンネットワークが十分に分散化されているかどうかという視点からビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)は証券としての規制は課されないとしました。

今回の SEC の発表が影響したのか、6,300 ドル台を推移していたビットコイン(BTC)の価格は 6,600 ドル前後まで回復しています。

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰