ハリウッド映画『Crypto』製作へ!仮想通貨とマネロンをテーマにしたサスペンス

ハリウッドが今年、仮想通貨をテーマとした映画を撮影・公開することが明らかになりました。

映画を通して仮想通貨がより身近なテーマになる

映画は『Crypto(クリプト)』と題され、仮想通貨によるマネーロンダリングに焦点を当てた内容となっています。主演は、アメリカの人気ドラマ『Gilmore Girls(ギルモア・ガールズ)』や『Mad Men(マッドメン)』に出演の Alexis Bledel(アレクシス・ブレデル)と、ネットフリックス『運命の7秒』の Beau Knapp(ボー・ナップ)が務めます。

映画の舞台はニューヨーク北部。ボー・ナップ演じるマネーロンダリングの捜査官が小さな町で不正と汚職のネットワークを暴く様子を描きます。アレクシス・ブレデルは「謎の美術品ディーラー」として汚職の発信源を演じるとのこと。
監督のジョン・ストールバーグJr. 氏は、「このような時宜を得たスリリングなストーリーを、素晴らしいキャストと共に形にできることが本当に嬉しい」とプロジェクトに明るい姿勢で臨んでいます。

現在ニューヨークで撮影が行われており、公開の日程は発表されていません。

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰